2013.07.03

バインダー バインダー

用紙の綴じ穴

用紙の綴じ穴について少しご説明してみたいと思います。

用紙の綴じ穴は、規格で統一されています。
そりゃそうですよね、金具を作るメーカーと、用紙を印刷する会社が、ばらばらの穴ピッチで作っていたら大変なことになります。

最近は、用紙の大半がA4判に統一されつつあり、他のサイズがめっきり減りましたね。
2穴の場合は、用紙のサイズが何であっても基本的に、80ミリピッチ(穴の中心から隣りの穴の中心までの距離)です。

どこのオフィスのデスクにもひとつやふたつはある2穴パンチ、あれが80ミリピッチ2穴です。
それ以外は用紙の大きさにより、穴の規格が異なります。

2穴の次は4穴、A4判の場合は4穴になっても80ミリピッチ4穴です。
B4判でも4穴は80ミリピッチ、B5判の場合の4穴は57ミリピッチ、A3判になると規格はあいまいですが4穴ではなく5穴の80ミリピッチが多いようです。

その上は多穴、そう、ルーズリーフ等に見られる、たくさんの穴がずらっと並んだやつです。
これは用紙の大きさに関係なく、9.5ミリピッチで、あけられるだけの穴が並んでいます。

昔はこの9.5ミリピッチを、ドンコピッチなんて呼んでた時代もありました。
A4判なら30穴、B5判なら26穴、B4判なら36穴、等々。
ここでちょっと困るのが、前述の80ミリピッチの2穴と、ピッチが重ならないということ。
そこで、苦肉の策として、たくさん並んだ多穴のうち、80ミリピッチ2穴の部分だけ、穴を大きくして無理やり共用できるようにしてあるルーズリーフやリフィルを見かけられることがあると思います。
この穴を、私たちは「バカ穴」と呼んでいます。

ちょっと特殊な例としては、、、
A4判に近いサイズに、アメリカのレター判があります。
アメリカのレター判は、基本的に3穴(4+1/4インチピッチ、ミリに直すと107.95ミリ)ですので、日本でもA4判用で108ミリピッチ3穴という規格がいちおう用意されています。

あとは、連続伝票の左右にずらっと並んだスプロケットホール。
これは欧米から来たものですので、1/2インチ(12.7ミリ)ピッチの穴が並んでいます。
このインチ穴を利用して綴じるバインダーの通称は、なぜか「データバインダー」ですね、昔は最先端のイメージだったのかな。

これ以外に、手帳の類に多い6穴~8穴は、さまざまな規格があり、リフィルも、バインダーも、メーカーサイドで統一して製造されていることが多いので、さほど規格としての統一感はありませんし、私の頭の中でもまとまっていません。

 

ファイルバインダー担当  服部元昭

公式Facebook
公式インスタグラム

関連記事